弾丸バックパッカーの旅行記。

リュックがあればどこでも行ける!しがない会社員の備忘録

MENU

ひつまぶしといえばここ!名古屋であつた蓬莱軒を訪ねるの巻。

名古屋と言えば名古屋コーチンや味噌煮込みうどん、味噌カツなど様々なグルメが私たちを魅了しますが、今回は私の大好物でもあるひつまぶしを取り上げてみます。

 

ひつまぶしとは

細かく刻んだ鰻の蒲焼を使った料理の一種です。うな重との違いは刻まれていることや、薬味や出汁をかけてたべるところでしょう。

大きなおひつでご飯と鰻を混ぜる(まぶす)のが名前の由来と言われています。

あつた蓬莱軒とは

明治6年創業の言わずと知れたひつまぶしの老舗です。名古屋市内に4店舗構えています。鰻だけではなく、天麩羅や刺身定食も提供しています。

www.houraiken.com

ひつまぶしの食べ方

お櫃の中を4等分してまずは鰻とご飯だけで頂きます。個人的にはとにかくこのタレが美味しいので何杯でも食べられるような気がしてしまいます。
2杯目は薬味をのせて頂きます。ネギと海苔を加えるだけなのに美味しさがより際立ちます!
そして3杯目は出汁をかけてお茶漬けにして頂きます。わさびを添えるとより美味しく味わえます。
最後の4杯目は好きに食べて下さい!

 

百聞は一見に如かず!

f:id:love_airplane:20210103220321j:plain

まずはそのまま頂きます。タレとご飯だけですら無限コース。。。

f:id:love_airplane:20210103220301j:plain

お次は薬味を添えて。また少し違った味わいを感じることが出来ます!

f:id:love_airplane:20210103220251j:plain

そして出汁を注いでお茶漬けにして頂きます。初めて食べる前はこの出汁有り状態がベストだと信じて疑わなかったのですが、正直3つのどの食べ方でも美味しいので6等分ぐらいにして気分に合わせて食べています(笑)

まとめ

ひつまぶししか勝たん!!

そこまで鰻が好きではない方でも楽しめる可能性を秘めていると思いますので是非ご賞味下さい。